顧問税理士・会計事務所の紹介ならj-net

J-ingコンシェルジュ 良くあるご質問 サイトマップ

顧問税理士・会計事務所の紹介ならJ-ingコンシェルジュ

  • J-ingコンシェルジュ
  • サービス紹介
  • ご紹介事例
  • ご相談・お問い合わせ

ご紹介事例

トップ > ご紹介事例 > 中国での関連企業間取引報告表の作成をサポート致します。

中国での関連企業間取引報告表の作成をサポート致します。

  • 国際税務

  • 中国進出・撤退支援

  • ベンチャー企業・未上場企業

  • 大手上場企業

経営課題・依頼内容
中国での「関連企業間取引報告表」の作成が義務付けられました。

中国では、特別納税調整実施弁法(試行)の公布によって、2008年度の確定申告の際に全ての企業が「関連企業間取引報告表」を提出しなければならなくなりました。同弁法では、関連取引高が一定規模以上の企業は、移転価格の同時文書化(同期資料)の作成が義務づけられています。

そのため、中国で事業展開を行っている日系企業には現地の税務業務を強化する必要性が出てきておりますが、現在、中国の移転価格税務の現場では下記のように税務リスクも変化してきています。

◆中国の税務当局は移転価格調査のノウハウを向上させてきています。
数年前まで中国の税務当局の移転価格調査業務のノウハウは先進国と比較して高いものではありませんでした。しかしながら、この数年間で海外各国の税務当局へ研修生を多数派遣しノウハウを吸収するなど移転価格に関する調査能力を向上させつつあり、親会社は中国現地法人との移転価格の算定根拠をより整備しておく必要が生じています。

◆欧米企業と比較して日系企業は移転価格調査への対応力が不足している傾向があります。
中国に進出している欧米系の企業は、本国で移転価格対応チームを有している企業もあり、中国現地法人に移転価格の調査が入った場合、本国の移転価格チームが迅速に対応するケースも見受けられます。それらと比較すると、日系企業は中国での移転価格への調査対応能力が十分でない企業も多いですので、現地の税務当局からは調査し易い対象となる懸念もあります。

◆売上高10億円程度の小規模法人から調査対象になるリスクも出てきています。
今回の特別納税調整実施弁法(2008年1月1日に遡って適用)では、移転価格の同時文書化の義務化は、2億元(約26億円)となっておりますが、実情としては、売上規模10億円程度の企業に税務調査が入る事例も出てきております。よって、同時文書の作成を必要としない企業でも移転価格に関する対策を十分に行っておく必要が生じています。

依頼企業
資本 日系
事業内容 未上場中小企業~上場企業まで、業種問わずサポート可能
ご紹介事務所
中国へ進出されている日系企業と日本親会社間との移転価格税制の文書化調査を総合的にサポート!

A社は15年に渡り、日系企業の中国進出や撤退の支援を行っている日系のコンサルティング会社です。日本と中国の双方に複数の拠点を有し、グループ全体で400名のスタッフが在籍。中国進出支援コンサルのパイオニアとして、約1500社のクライアントをサポートしています。

紹介事務所
事務所名 非公開(A社)
従業員数 400名(グループ全体)
J-ingコンシェルジュからの提案
「文書化」だけではなく、文書化完了「以降」のサポートも重要です。

<A社の移転価格税制サポートの特徴>
◆税務調査への対応など、「文書化完了後」の対応も可能です。
現在、大手会計ファームなどでは、移転価格の「文書化」支援が主流となっておりますが、A社では文書化完了後のサポートの対応も行っております。「文書化の作成」はあくまでスタートラインであり、その後の税務調査の対応リスクが潜んでおります。A社では文書化完了後の税務調査対応など、実務面のサポートもさせて頂きます。

◆日中間の移転価格ノウハウと世界基準のデータベースにてサポート致します。
A社では15年に渡って日中間での企業間取引の支援実績がございますので、日本と中国両方の事情を理解しております。また、その蓄積されたノウハウに加えて、ビューロー・ヴァン・ダイク社製・世界標準の移転価格データベースを活用することによって、最先端の移転価格算定根拠となる企業比較分析にも対応しております。

◆中小・中堅企業様にとっても負担になり過ぎない料金体系で対応しております。
A社では大手コンサルティングファームと比較して、中小・中堅企業様にとっても負担になり過ぎない料金体系で対応させて頂いております。また、アドバイザリー業務だけでなく、現場の細かい実務のサポートまで対応可能ですので、大手コンサルティングファームより低価格で細かいサポートを受けることが可能です。

「文書化」だけではなく、文書化完了「以降」のサポートも重要です。